プロジェクトに関連する本学の取組②

前回に続きまして、プロジェクトに関連する本学の取組として、今回は、親子参加イベントを学生が支援した様子をお伝えいたします。

学生が支援したイベントは、2016年6月2日(thu)に「しののめ広場たんぽぽ※」で開催された「ねぞうアート®に挑戦」です。イベント準備・運営に携わったのは、松山東雲短期大学保育科の青木弥生ゼミの1年生(8名)と2年生(13名)です。

青木ゼミでは、1年生は「保育ゼミナールⅠ」、2年生は「保育総合演習」の一環として、保育に関する授業や幼稚園や保育園などでの実習での学びを生かし、実際の子育て支援の現場を知り、携わる機会としてこのイベントの準備と運営に携わりました。

~準備の様子~

まず学生が取り掛かったのは「ねぞうアート®」の図案づくりです。図案については、以前にも「ねぞうアート®」の講師としてお越しいただきました牧千琴さん*の案にもとづいて、学生たちが作成しました。今回は、短大保育科助手の泰山咲美さん*にも図案のご協力をいただきました。そのアドバイスのもと、学生たちが、子供服やタオルなどを利用して、徐々に図案が完成していきました。完成した図案には、随所に学生たちのアイデアが散りばめられています。そして・・・あとは、主役を待つばかり・・・!準備は、1年生(8名)が担当しました。

DSC00284
赤ちゃんの喜ぶ顔を思い浮かべながら・・・
DSC00282
ご注目~!靴下で描いた文字は・・・🌼

~イベントの様子~

いよいよ時間となり、主役の登場です(。◕ ∀ ◕。)このイベントには、8組の親子が参加しました。学生たちがあやして、お母さんや学生たちがベストショットを撮影!!絶えず、笑みがこぼれます。学生たちは、親子と触れ合うことにより、実践による気付きや達成する喜びを体験することができました。イベントの実施運営は、2年生(13名)が担当しました。

IMG_1143
学生は、エプロンを着用しています。
IMG_1144
ギャラリー大勢!主役に大注目!!

🌼Special Thanks!!🌼

  • *牧千琴さん(ねぞうアート®講師として、2012年と2013年にお越しいただきました。)/図案協力
  • *泰山咲美さん(松山東雲短期大学保育科助手)/イベント準備・運営、ゼミ生支援、図案協力

~COC+事業と絡めた視点~

本学ではこのように、実習体験型の授業やイベントを行い、学生自らのキャリア形成につなげています。地域の方々と触れ合いことにより、出会いが広がり、保育に対する自身の考えの幅も広がります。地域の方々におかれましては、地(知)の拠点である大学が交流の場所となり、ネットワークが広がれば幸いです。学生たちには、座学だけでは学び得ないこのような体験による収穫が、将来のキャリア形成のヒントになることを期待しています。

2016年6月3日

COC+研究室

※「しののめ広場たんぽぽ」の情報はこちら→しののめ広場たんぽぽ

 

 

プロジェクトに関連する本学の取組①

本学では、今回のプロジェクトテーマである「女性のワークライフバランス」を意識した授業や取組を展開しております。プロジェクトに関連したその内容も発信することにいたしました。どうぞよろしくお願いいたします!

今回は、松山東雲女子大学2・3年生の選択科目「インターンシップ事前・事後指導」をご紹介します。

この授業は、企業・官公庁などでのインターンシップを経験するための準備と振り返りを行います。社会人としての視野と対人間関係能力を豊かにするとともに、社会と関わって生きる各自の将来と仕事を考える意識を培い、大学時代の学びと生活をより自覚的に高めることを目標としています。

~2016年5月23日(mon)の授業風景~

DSC00272
女子大学舎本館南4-3教室(アクティブラーニング教室)
DSC00275
この授業は、毎回リクルートスーツを着用して臨み、意識を高めます。

第6回目の今日は、家庭と仕事を両立され、地域社会でもPTAや絵本の読み聞かせボランティア等でご活躍された富谷こずえさんをゲストに迎え、講話を聴かせていただきました。講話の内容は、ご自身の仕事、結婚、子育て、現在に至るまでのワークライフバランスについてです。具体的なエピソードや経験から学んだことなどを入れながら、分かり易くお話をしていただきました。学生には、講話を聴いて、自身のキャリア形成プランのイメージを描くことを目標にしました。途中、学生同士で結婚観、職業観について話合いました。最後、学生はレポートを提出して、「私の人生プラン」をまとめました。今回の授業では、インターンシップの事前準備として、将来の設計図を見据えて、仕事に対する考え方が身についたと期待しています。

~富谷さんの講話からの学び~

アルバイトで始めたディズニーランドでの仕事で学んだことは、「見られる」「見せる」ということを常に意識して、自分の行動をするということだったそうです。自分のためだけでなく、相手の気持ちを考えて行動することが、自身の信頼を高めていくのですね。富谷さんは、結婚して出産を経験されますが、子ども育てる過程で、守る存在が明確になり、何が起きても守れる手段として、仕事を始めようと考え、チャンスにつながる資格を取得しようと奮起されたそうです。その取得した資格は、介護関係や事務処理、自動車第二種免許にいたるまで多様です。仕事と家庭の両立のための工夫は、一人で解決せずにいろんな人に助けてもらうということだそうです。家族や地域の方々との協力が、ワークライフバランスにつながるのですね。

~富谷さんから学生へメッセージ~

自分に強みを持つと良い方向に向かいます。想像力を働かせ、自ら出会いを求め、どんなことにも貪欲にチャレンジすると良い結果につながります。思い描いたとおりに進むと信じて、笑顔を忘れずに頑張ってください。

~学生の感想~

  • 資格を取得し、キャリアアップにつなげていることがすごいと思った。
  • 今日の講話を聴いて、自分の人生計画の参考にしようと思った。

~COC+事業に絡めた視点~

この授業を受けている学生は、ほとんどが愛媛県出身です。将来的に「地元を離れたいか」それとも「地元に残りたいか」の意見も交換しました。学生たちの意見は、模索中という意見が多く目立ちましたが、はっきり「愛媛県が好きだから地元に残りたい!」という学生もいました。富谷さんは県外出身ですが、愛媛県の印象として「地域や家族が女の子をとても大事にする県」だとおっしゃっていました。地域や家族の「かたち」が、地元愛につながるのですね。多様な側面を考察することで、地方創生へつなげて行きたいと思います。

2016年6月2日

COC+研究室