2017地(知)の拠点フォーラムにて、本学の活動報告を行いました。

愛媛大学 地(知)の拠点整備事業(COC)/地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)2017地(知)の拠点フォーラム「スポーツで地域を元気にする!」が、2017年3月9日(thu.)に松山全日空ホテルにて開催されました。

このフォーラムは、COCおよびCOC+事業の一環で行われ、行政や企業、大学関係者ら約100名が参加しました。

はじめに、責任校の愛媛大学より、COCおよびCOC+事業の概要説明や活動報告がありました。続いて、参加校である本学女子大副学長西村浩子先生より、COC+事業プロジェクト「地方における女性のワークライフバランス」の活動内容を報告しました。また、女子大・短大の地域連携協力協定の中の取り組みも一部紹介しました。

松山東雲女子大学副学長西村浩子先生による活動報告の様子
本学COC+事業プロジェクト「地方における女性のワークライフバランス」は、地元で働く際の「ワークライフバランス」を考えながら職業選択できるよう学生を支援していきたいと考え推進しています。
活動した内容(地域コーディネーター養成講座、映画上映会&パネルディスカッション、子育て家庭訪問インターンシップ)の様子を、写真などを用いて紹介しました。

次に、FC今治を運営している株式会社今治.夢スポーツの取締役社長矢野将文様から「フットボールクラブによる地域課題解決の挑戦」と題して、地域を活性化させるための取り組みや、今後のチームの展望についての特別講演がありました。講演では、地域活性化のために学生に行った取り組みとして、学生向けワークショップ(今治をスポーツと若者で活性化させるための議論とプレゼンテーションを行ったイベント)の様子も紹介されました。

このフォーラムは、COCおよびCOC+事業の今年度までの活動を確認し、地域活性化に向けた具体的な取り組みや方策を参加者全員で共有する時間となりました。

2017年3月23日

COC+研究室

 

 

 

 

公開講座「映画(さとにきたらええやん)上映会&パネルディスカッション」を開催しました!

2017年2月11日(sat.)に開催しました!

参加人数は、63名(男性23名、女性40名)でした。うち、学生の参加は、14名でした。

この公開講座は、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)のことをより多くの皆さまに知っていただこうという思いから企画しました。

私ども地(知)の拠点大学は、COC+事業の地方創生を推進するにあたって、より良い地域づくりの提案が求められています。そこで「地域全体で子どもを育てる意識」を持てるような発信をしていきたいと考えました。

第1部の映画上映会で上映した作品は、大阪市西成区で38年にわたり、子どもたちの憩いの場として活動を続ける「こどもの里」に密着したドキュメンタリー映画です。この「こどもの里」は、地域との連携を深めながら「子ども自身の育ち」と「保護者の子育てに関する支援」を包括的に行っているNPO法人です。

第2部のパネルディスカッションは、愛媛大学教授の前田眞先生に進行していただきました。まずはじめに、映画に登場した「こどもの里」の支援と子どもへの支援という点で一部共通する取り組みをしている「まつやま子ども食堂」の現状を、代表の野中玲子さんに紹介していただきました。そして、現在、働きながら子育てをしている松山絵理香さんに、仕事と家庭の両立において困ったことや、それを解決するための悩みを共有できる愛媛県の団体や子育て支援について、お話をしていただきました。

冒頭挨拶の様子 松山東雲女子大学副学長 西村浩子先生
パネルディスカッションの様子① 左:愛媛大学社会連携推進機構 教授 前田 眞氏 中央:まつやま子ども食堂清水店代表 野中 玲子氏 右:松山市地域包括支援センター小野・久米所長 松山 絵理香氏
パネルディスカッションの様子② まつやま子ども食堂で学生ボランティアとして参加している学生にもお話を伺いました。内容:「学生と地域社会の関わり方について」と「ボランティアとして参加して学んだことと気づきについて」
パネルディスカッションの様子③
最後の挨拶の様子 本学委託先のNPO法人ワークライフ・コラボ代表理事の堀田真奈さん

パネルディスカッションでは、個人の悩みを一人で抱え込まずに他者と共有することで解決策を見出すことができることや、地域と普段からつながっておくことの大切さなどを学びました。

この公開講座は、地域との関わり方、また地域の役割などについて、参加者の皆さんと考える時間となりました。参加者の皆さんにとって、公開講座での学びをご自身におかれている立場や環境において、お役に立ていただき、より良い地域づくりにつながれば幸いです。

参加者の皆さんのアンケートから、感想を一部ご紹介します。

  • 人と人とのつながりを再確認できる映画だった。
  • これからの働き方や地域との関わり方について、考えるきっかけになった。
  • こども食堂のような場所がもっと愛媛県にできると良いと思った。
  • 仕事と家庭を両立しているパネリストの話を聞くことで、ワークライフバランスについても考えることができて良かった。

最後に、開催にあたりご協力をいただきました関係者の方々にお礼を申し上げます。

ありがとうございました!!

2017年3月8日

COC+研究室