子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告③(訪問実施中)

2017年4月22日(sat.)に行われた「学生研修会」を終えて、4月下旬に学生と受入先(子育て家庭)のマッチングを行いました。(学生とコーディネーターのマッチングは、昨年度に開催した「交流会」時までに終えています。)

本プログラムには、15名(松山東雲女子大学生8名、松山東雲短期大学生4名、愛媛大学生3名)の学生が参加していますが、学生は7組(2〜3人1組)に分かれてそれぞれの受入先(子育て家庭)に訪問します。

現在、全ての組の日程が5月上旬〜8月末までの間で確定し、子育て家庭訪問を実施しているところです。各組とも訪問は、2回実施します。本プログラムでは、1回目は「子育て家庭の日常を体験すること」、2回目は「仕事と家庭の両立についてインタビューして学びを深めること」を目標にしています。

プロジェクトを担当している教員あてに、実施中の学生の声が続々と届いています。学生たちは、新しい体験に前向きに取り組んでいる様子です。プロジェクトチーム一同、本プログラムが学生たちにとって有意義な体験となることを願っています。

全ての組が終了するまでにまだしばらくあります。学生たちをサポートしてくださっているコーディネーターの皆さま、そして、受入先のご家庭の皆さまには、本プログラムの実施にご協力いただき心よりお礼申し上げます。引き続きよろしくお願いいたします!!

2017年7月10日

COC+研究室

松山東雲女子大学 本館南1階ロビー  七夕飾り🎋 7月上旬撮影

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA