子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告⑤(学生への事前支援および指導)

学生は、「子育て家庭訪問の実施」の前後において、コーディネーターから支援や指導を受けています。この学生への支援や指導は、委託先のNPO法人ワークライフ・コラボの担当者の方や本学プロジェクト担当教員も携わっています。

本日は、「子育て家庭訪問の実施」までの学生への事前支援および指導の内容について、以下の通りご紹介いたします。

  1. 本プログラムの趣旨と流れを理解させる
  2. 学びの場である家庭を取り巻く環境(女性の労働に関わる法律やワークライフバランス実現のための愛媛県内企業の取り組み)を理解させる
  3. 訪問実施までの自身の課題(不明な点や不安な点)を解決へと導く
  4. 訪問実施までに基本的なビジネスマナーを習得させる
  5. 訪問実施にむけての目標を明確に設定できるよう導く

1,2については、4月に実施した学生研修会において、委託先のNPO法人ワークライフ・コラボさんが説明しました。また、コーディネーターも面談時において、補足や確認を行いました。この面談とは、第1回目実施前と第1回目実施後にコーディネーターと学生が行うものです。

3については、プロジェクト担当教員が学生同士をグループワークさせて、学生自身に課題の解決策を考えさせました。その考えや意見に対して助言し、課題解決へと導きました。こちらも先述の学生研修会において行いました。

4については、第1回目実施前の面談において、コーディネーターが挨拶や文章の書き方などについて、助言および指導しました。

5については、コーディネーターが面談時に、予め学生自身が考えた目標(本プログラムを通して達成したいことや学びえたいこと)に寄り添いながら助言し、目標設定の手助けをしました。この目標の設定は、「第1回目実施」と第1回目実施後の「第2回目実施」の前に行いました。

以上のやりとりを経て、学生たちは、子育て家庭訪問を実施しています。

子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告⑥(学生への事後支援および指導)につづく・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA