子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告⑦(報告交流会)

2017年9月30日(sat.)に本プログラムの最終である報告交流会を開催しました。

学生(13名/うち本学女子大生8名、本学短大生2名、愛媛大生3名)・受入先としてご協力いただいたご家庭(6組/大人8名・子ども10名)・子育て家庭訪問コーディネーター(5名)の36名が参加しました。

この報告交流会は、参加した学生がお世話になった受入先のご家庭のみなさまと担当の子育て家庭訪問コーディネーターに対して、体験によって学んだことを報告すること(報告会)と改めて感謝の気持ちを伝える場を持つこと(交流会)を目的に開催しました。

はじめに、プロジェクト責任者の松山東雲女子大学西村浩子教授が開会の挨拶をしました。

開会挨拶の様子 お世話になった受入家庭としてご協力いただきましたご家族と子育て家庭訪問コーディネーターのみなさまへ感謝の言葉を述べました☘

続いて、本学委託先のNPO法人ワークライフ・コラボ代表理事の堀田真奈さんの進行で学生による発表がスタートしました。

各グループともパワーポイントを使用して以下の項目についてまとめ、持ち時間7分で発表しました。

  1. 受入先のご家庭と子育て家庭訪問コーディネーターの紹介
  2. 子育て家庭訪問第1回目実施の目標と訪問中の様子の紹介
  3. 子育て家庭訪問第2回目実施の目標と訪問中の様子の紹介
  4. 全体を通しての学び
発表の様子① 訪問中の様子は、写真などを用いて分かり易く伝えました。
発表の様子② 同じ訪問先でも学びの視点は個人によってそれぞれでした。

パワーポイントでの発表後は、質疑応答の後、担当の子育て家庭訪問コーディネーターと受入先のご家庭の方にコメントをいただきました。

質疑応答の様子①
質疑応答の様子②
担当の子育て家庭訪問コーディネーターがコメントしている様子①
担当の子育て家庭訪問コーディネーターがコメントしている様子②
受入先のご家庭の方がコメントしている様子①
受入先のご家庭の方がコメントしている様子②

全てのグループの発表が終わり、短い時間ではありましたが参加者全員で交流の時間を楽しみました。

この報告交流会は、学生にとって、他の発表を見て聞いて知ることで新たな学びを得る機会ともなりました。ご家庭と子育て家庭訪問コーディネーターのみなさまにとりましても、コメントなどの内容から同様であった様子です。

発表された「学生の体験によって得た学び」は、別記事でお伝えします。また、「子育て家庭訪問コーディネーターのコメント」と「受入先のご家庭の方のコメント」についても、別記事でご紹介します。

2017年10月5日

COC+研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA