子育て家庭訪問コーディネーター養成講座ブラッシュアップ編実施のご報告①(コーチング技術を身につける)

この講座(全3回)は、コーディネーターがこれまでに身につけてきたスキルをさらに磨き、求められる支援や指導において、より成果が出せるようになることを目標に実施しています。

2017年10月14日(sat.)に第2回目「コーチング技術を身につける」を実施しました。(第1回目は、先に開催した「子育て家庭訪問インターンシップ報告交流会」でした。)受講者数は、2名でした。2名とも今回の「子育て家庭訪問インターンシップ」でご協力いただいた「子育て家庭訪問コーディネーター」の方々です。

はじめに、参加者全員でこれまでを振り返り、コーディネーターの「学生への支援や指導の内容」また「役割」について確認し合いました。

参加者全員で活動内容を確認している様子です。活動内容を共有するという目的で今回の担当講師の熊谷さんにもご参加いただきました。

そして、「コーチング技法」についての講義がスタートしました。今回の担当講師は、一般社団法人えひめ若年人材育成推進機構(ジョブカフェ愛work愛媛県若年者就職支援センター)の熊谷環さんです。

最初は、簡単な自己紹介とこれまでの活動に対する感想など・・・アイスブレイク! 少々緊張気味のスタートでしたが和やかな雰囲気になりました。
次に、「コーチング技法」の特性やポイントなどの説明の後、ワークで理解を深めました。コーチングスキルの「傾聴」「承認」「質問」「確認」のポイントを押さえながら、実践しました。このワークは、受講者が少人数だったことから、プロジェクト担当教員と実施関係者も参加して行いました。
ワークは、「自分の身近な話題(楽しかったことや嬉しかったことなど)」や「COC+プロジェクト活動への想い」等をテーマに展開し、聞き役、話し役と役割を交代しながら実践しました。
ワークの後は、実践してみての感想を全員で共有しました。参加者は、他者の考えを共有することで、さらに学びが深くなった様子でした。

今回の講座は、これまでの活動を振り返りながらコーチングスキルを深めることのできる時間となりました。「子育て家庭訪問コーディネーター」には、学生に対して支援や指導をする際に、学生の考えに寄り添いながら、「自己実現」や「目標達成」できるように導くことが求められています。受講者の方々におかれましては、今後、本プロジェクトの活動においてご活躍される際に、今回の学びを参考にして応用していただけるものと期待しています。また、ご自身の置かれている環境においても応用し、ご活躍の場をさらに広げられることも期待しています。

2017年10月30日

COC+研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です