Beingインターンシッププログラム実施のご報告①(学生事前説明会Ⅰ)

本プログラムには、10名(全員松山東雲女子大学生)の学生が参加することになりました。その学生を対象に、2017年12月21日(thu)に事前説明会Ⅰを実施しました。

はじめに、本学プロジェクト責任者の西村教授より、本プログラムの目的※について確認しました。そして、「必要書類の記入の説明」と「今後のスケジュールの確認」、「受入先企業とその担当者の説明」を行いました。

説明会Ⅰの様子 委託先のNPO法人ワークライフ・コラボの高橋さんにもお越いただき、「受入先企業とその担当者の説明」を担当していただきました。

また、当日は、参加する学生同士の初顔合わせの日でもありましたので、学生は、簡単な自己紹介もしました。皆さん、少し緊張気味の様子でしたが、今後、プログラムが進んでいく中で、助け合ったり励まし合ったりする関係に発展し、様々な学びを共有できる仲間になると期待しています。

   Beingインターンシップとは、学生が社会で働く女性に密着し、シャドウィング(実際に働いている姿を見学)やインタビューすることで、「働き方」や「キャリアの築き方」を学ぶインターンシッププログラムである。この体験をすることによって、就業を継続することやワークライフバランスについて理解を深め、自分自身の将来像を明確にすることを目的としている。

2017年12月27日

COC+研究室

「Beingインターンシップ」参加学生応募の受付を終了しました。

「Beingインターンシップ」の参加学生の応募は、
定員に達しましたので、受付を終了しました。
チラシの設置やご周知にご協力いただきました教職員の皆様ならびに実施関係者の皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

2017年12月20日

COC+研究室

桑原キャンパスは、学内各所にツリーやリースが飾られ、クリスマスムードが高まっています🎄
女子大学舎エントランスに飾られているリース🎀

子育て家庭訪問コーディネーター養成講座ブラッシュアップ編を終えて

2017年9月30日(sat.)の「子育て家庭訪問インターンシップ報告交流会」を第1回目としてスタートしたこの講座ですが、2017年11月11日(sat.)をもちまして、全ての回を終了いたしました。受講者数は、5名でした。

講師をお招きして開催した第2回目と第3回目ともに、「子育て家庭訪問コーディネーターの役割」のうちの「学生に対しての支援・指導」に焦点をあてた内容でした。これは、コーディネーター自身が「活動をしてみて難しく感じた点」として多くあがった声を反映させたものでした。また、運営側の私どもも、コーディネーターに「向上させたいと感じた点」でした。その講座内容について、受講後の受講者向けアンケートや感想からご満足いただけた様子でした。

この講座は、コーディネーターのスキルアップを目的とした講座でしたが、運営側の私どもにとりましても勉強になる内容で、「人を育む」という視点での「学生への支援・指導のあり方」と「子育て家庭訪問インターンシップの進め方」を改めて考える機会となりました。この講座の中で、講師の方々から得た学びとワークで受講者から出た意見を活かし、さらに良い成果が導き出せるような活動内容を計画していきたいと思います。

最後になりましたが、講師としてお世話になりました熊谷さん、森田さん、和泉さん、開催にあたりご協力をいただきました関係者の皆様にお礼を申し上げます。

ありがとうございました!!

2017年12月6日

COC+研究室

イルミネーションで彩られた桑原キャンパス✨
クリスマスまでの17:00〜21:00に点灯しています。19:00までは、どなたでもお楽しみいただけるよう開放しています✨
大きなクリスマスツリー🎄光に包まれて輝いています🌟