子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告①(学生事前研修会)

本プログラムには、16名(松山東雲女子大学生11名、松山東雲短期大学生2名、愛媛大学院生3名)の学生が参加することになりました。

2018年5月31日(thu)に、学生事前研修会を実施しました。

はじめに、本学プロジェクト担当の西村浩子教授より、本プログラムの目的※と今後のスケジュールについて、説明と確認がありました。

松山東雲女子大学本館南4F アクティブ・ラーニング教室で実施しました。

続いて、委託先のNPO法人ワークライフ・コラボの高橋浩子さんに「女性の労働に関わる法律」や「愛媛県内企業におけるワークライフバランスの現状」について、ご説明およびご紹介していただきました。

座学の様子

次に、グループごとに分かれて、以下の項目について、話し合いました。

  1. 「子育て家庭訪問インターンシップ」に参加しようと思った理由
  2. 現時点で不安に思っていること
  3. 仕事と家庭の両立について今の自分の考え

以上

グループ内で話し合い、考えをまとめた後、その内容を参加者全員で共有する目的でグループの代表者が発表しました。

グループに分かれる前のアイスブレイクの様子 参加学生にとっては、初顔合わせの日でもありましたので、簡単な「自己紹介」と「相手との共通点探し」をしました。
グループに分かれて、自分の考えを伝え合っている様子
グループ毎に発表している様子

最後に、訪問する際のマナーを指導して、事前研修会を終えました。

   子育て家庭訪問インターンシップとは、学生が子育て家庭を訪問し、仕事と家庭の両立の実際を経験するインターンシッププログラムである。この体験で「仕事と家庭の両立」や「県内企業のワークライフバランス制度」を知ることにより、自分自身の将来像をイメージすることや県内での就業継続の意思の向上にいかすことを目的としている。

2018年6月11日

COC+研究室

桑原キャンパスに咲く紫陽花
桑原キャンパスの食堂「ピアホール」前に咲いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA