「県内事業所研究のためのバス運行支援事業」の参加について

「県内事業所研究のためのバス運行支援事業」とは、COC+責任校である愛媛大学がCOC+事業の一環として取組んでいる事業で、県内事業所(企業、自治体、学校、病院等)の情報収集や見学等の取組に係るバス借上げ料等を支援する事業です。

責任校である愛媛大学のお声掛けにより、参加校である松山東雲女子大学・松山東雲短期大学も今年度より、この事業に参加させていただくことになりました。

本学では、キャリアプログラムとして実施し、キャリア支援課において、学生への案内を始めたところです。

予定している実施内容等について、キャリア支援課が「就職・キャリアアップブログ」で紹介しています。

キャリア支援課「就職・キャリアアップブログ」ページはこちら

学生がこの事業に参加することによって、県内事業所を知り、興味や関心を持つことで、県内就職の定着や向上に繋がることを期待しています。

2018年7月19日

COC+研究室

子育て家庭訪問インターンシッププログラム実施のご報告③(学生事前研修会Ⅱ)

2018年7月7日(sat)に開催を予定しておりました「顔合わせ交流会」ですが、この度の「西日本豪雨」による警報発令中だったため中止としました。

「顔合わせ交流会」で実施する予定だった「訪問先のご家族と学生の事前顔合わせ」は個別で日程調整をして対応し、「訪問前の学生指導」は、「学生事前研修会Ⅱ」として別日で時間をとりました。

本日は、2018年7月12日(thu)に開催した「学生事前研修会Ⅱ」の様子をお伝えします。

はじめに、本学プロジェクト担当の西村浩子教授より、本プログラムの趣旨と目的を再確認しました。

今回は、特別措置だったため、同じ内容のプログラムを3回開催し、全ての学生が参加できるよう対応しました。(他の開催日:2018年7月23日(mon)、7月26日(thu))

次に、委託先のNPO法人ワークライフ・コラボの高橋浩子さんに昨年度の子育て家庭訪問インターンシップの様子を写真などの資料を投影して、ご紹介していただきました。

昨年度参加した学生の参加動機やインターンシップ実施で学び得たことなども紹介されました。

続いて、西村浩子教授が「訪問前の準備」について、指導しました。内容は、「インターンシップ実施※で学び得たいこと、達成したいこと」や「ご家族にインタビューしたい内容」、「仕事や家庭の両立についての今の自分の考え」、「愛媛県内で就業を継続することについての今の自分の考え」についてアドバイスし、訪問日までに明確にしておくよう指導しました。

最後に、学生が本プログラムで記入する「振り返りシート」の説明をして、学生事前研修会Ⅱを終えました。

「振り返りシート」とは、訪問前、訪問後、報告交流会(2018.9.29開催予定)後の段階で記入するシートで、学生自身の考えや学び得たことを明確にしていくシートです。

※インターンシップ実施期間:2018年7月27日(fri)~8月11日(sat)の連続した2日間

2018年7月18日

COC+研究室