子育て家庭訪問インターンシップplusプログラム実施のご報告①(ガイダンス)

本プログラムには、15名(松山東雲女子大学生14名、松山東雲短期大学生1名)の学生が参加することになりました。

2019年6月6日にガイダンスを開催しました。

はじめに、松山東雲女子大学西村浩子教授より、本プログラムの趣旨と全体スケジュールの説明がありました。
次に、学生が一人ずつ自己紹介しました。
そして、学生たちは、昨年度に参加した学生が作成した「学生報告書」を読んで、実施中の様子をイメージし、インターンシップで達成したい目標を設定しました。

このガイダンスでは、本プログラムの趣旨と目的を明確にし、全体のプログラムの進め方について確認することができました。また、学生たちは、訪問中に体験してみたいことやご家族にインタビューしてみたいことなどをイメージする時間ともなりました。

学生事前研修会へと続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です