単位互換について

COC+事業の責任校である愛媛大学と、参加大学(今治明徳短期大学、聖カタリナ大学、聖カタリナ大学短期大学部、松山東雲女子大学、松山東雲短期大学)間は、「地(知)の拠点大学による地方創生事業(COC+)に係る愛媛県内就職・定住の促進プログラムにおける学生の単位互換に関する覚書」に基づき、単位を互換することができます。

今年度の単位互換科目として、愛媛大学より「環境防災学」※が提供され、夏期休業期間中の集中講義として実施されました。本学からも女子大生22名、短大生17名の合計39名が受講しました。学生たちは、地域社会においての防災の知識や技能を学びました。

2011年に発生した東日本大震災の大規模地震災害は、私たちの防災への意識を変えるものでした。つい先日も津波警報を伴う地震が発生し、防災への意識はさらに高まっています。この講義で学んだ知識や技能が、自らを守る力、大切な人を守る力となり、地域と協働する人材として活躍することを期待します。また担い手が高齢化する地域防災において、次世代を担う学生が活躍することで地域が活性化し、COC+事業の趣旨でもある地方創生につながることを期待します。

※環境防災学は、愛媛大学社会共創学部で開講されている科目である。松山市の協力を得て、実践的学生防災リーダー育成プログラムとして実施されている。受講生は、講義修了後、NPO法人日本防災士機構が実施する「防災士資格取得試験」を受験する。合格者は、認証申請を行った後、防災士として登録される。

2016年11月28日

COC+研究室

dsc00728
駐輪場から眺めた桑原キャンパスの風景     木々が紅葉しました🍁 11月中旬撮影
dsc00731
女子大学舎前広場               気候の良い日は、ランチをしたり、おしゃべりをしたり・・・学生たちの憩いの場です•*¨*•.¸¸♪